潟沼乾拓の源

「潟沼乾拓の源」という石碑を見つけた。桜の舞う道が信濃川堤防に突き当たるあたり、かつて「東洋一の排水能力」と謳われた三ツ屋排水機場(昭和9~61年)の跡地だ。現在の大秋排水機場が機能したことで撤去され当時を知るものは残されていない。元は明治42年、新津郷で初めて動力を使用しての排水事業を成功させた場所であり、挑戦したのは旗野美乃里、欧米への視察の途中、オランダで見た排水技術を応用したものであった。

桜の舞う道、この道路はかつて川だった(大通川の分流)、堤防にはポプラの並木があり、遠くからも見えた
旗野美乃里は新潟県では最初に乳牛を輸入し、酪農を始めた挑戦者でもあった。

阿賀野市の生家写真に収まる旗野美乃里(吉田東伍記念博物館)、右の写真は「ホントの空・・・」で知られる高村智恵子(妹の友人)が旗野家を訪れた時の記念写真、ここに吉田千秋の妹たちも見える・・・そうだ、美乃里と千秋は従兄弟どうしであった・・・『吉田東伍記念博物館叢書1ツベタ牧場の人々(2012年3月発行)所収図版より』

前の記事

吉田千秋の楽器

次の記事

八珍柿のミニ